バーチャルオフィスは東京で起業するときの大きな一歩

Virtual Office

週末起業にバーチャルオフィスがおすすめな理由

近年、従業員の副業を認める企業が増えています。かつてサラリーマンの副業といえばコソコソやるものでしたが、堂々とできるのであれば活用しない手はありません。といえ退社した後でコンビニバイトに直行というようでは、さみしく辛いイメージになってしまいます。 そこでおすすめしたいのが「週末起業」です。自分の趣味や特技を活かし、週末だけ別の仕事をするのです。
週末だけといえども、仕事をするなら本拠となる場所が必要です。多くの人が、自宅でやればいいと考えます。しかしハードルとなるのが、自宅を事業所とすることで関係先に住所が明らかになってしまうことです。一人暮らしなら問題なくても、家族がいるとなるとまた話が違ってきます。 そんな問題を解決するのが、実際には入居しないけれどオフィスとして機能する場所「バーチャルオフィス」です。郵便物は転送され、電話は転送電話にしたり、バーチャルオフィスのオペレーターが対応してくれます。
バーチャルオフィスは東京都心など一等地にあることが多く、実際には東京以外の自宅で副業をやるとしても、対外的にはあたかも東京都心でやっているように見えます。サラリーマンをしている平日でも、郵便物や電話への対応が可能です。 バーチャルオフィスは実際に事務所を借りるより圧倒的に安く、しかも会社登記OKのことが多いので法人化にも対応可能。週末起業にはまさにうってつけなのです。

起業を支えるバーチャルオフィス

今は誰でも気軽に社長になれる時代です。会社を立ち上げるハードルがとても低くなった現在では、自宅にいながら社長という方も多いのではないでしょうか。 スマホとパソコンがあれば、どこでも仕事ができるからこそ、他の起業家との違いを明確に打ち出すことが企業の強みになります。
あなたの会社がクライアントの信用を勝ち得る一番の近道は、ブランド力のあるオフィス所在地です。 住宅地のマンションの一室の企業と、東京都内の大手町、丸の内、新宿、渋谷等のオフィスビルの企業、あなたが仕事を任せるならどちらの企業でしょうか。 オフィス街に住所を構えるには、相応の不動産コストがかかります。特に東京都心の不動産市況は右肩上がり。 東京都心に事務所を構えれば、企業としての信用力を高められるものの、敷居が高いという方も多いのではないでしょうか。
バーチャルオフィスなら、リーズナブルな価格で都心一等地の住所による本社登記が可能です。バーチャルオフィスを展開する会社には、会員向けのビジネスサポート施設やサービスが充実しているところもございます。 電話対応、秘書サービスなど、起業間もない会社様にも安心のバックアップサービスも魅力です。 あなたが事業に専念するために、バーチャルオフィスをフル活用してはいかがでしょう。

メリットが大きいバーチャルオフィス利用のススメ

以前は、起業する際にまずオフィスを用意するというのが常識でした。ビジネスが軌道に乗るまでは、初期費用や事務所代などの固定費は重くのしかかるものです。また、自宅か賃貸マンションを事務所とする方法もありますが、会社住所にマンション名が入るのと、東京のビジネス街のビル名が入るのでは信用度がまったく違います。
また自宅の場合は、個人情報の問題もあります。昨今フリーや副業で仕事をする人が増え、バーチャルオフィスを利用して起業をするケースが浸透してきました。バーチャルオフィスは、ビジネスを行うために必要最低限な事務所機能を借りるサービスで、リアルな事務所ではありませんが、しっかりしたビジネスが行えるというものです。
バーチャルオフィスを利用するメリットは、事務所を構えるよりはるかに安いこと、また住所が東京であること、03から始まる電話番号が利用できるという点です。バーチャルオフィスの利用者には、実際の仕事場は自宅やシェアオフィスで行い、電話秘書サービスや電話番号転送サービスなども利用して顧客とはシームレスな対応を行っています。さらに来客の場合には、会議室が利用できます。バーチャルオフィスは東京のアクセスの良いところにあるため、パートナーや関係者との打ち合わせ時にも活用できます。


バーチャルオフィスが便利な利点として、クライアントとの会議の場、また作業スペースなど充実しており、交流もできます。バーチャルオフィスなら東京で探すことをおすすめします。

CHOICSES